リサイクル家具の利用 インテリア・家具入門

リサイクル家具の利用

リサイクルとは本来「再循環」を意味しています。製品化された物を再資源化し、新たな製品の原料として利用することを言います。大きく、「マテリアルリサイクル」(素材としての再利用)と「サーマルリサイクル」(熱としての再利用)とに区分されます。そしてリデュース(減量)、リユース(再使用)、リフューズ(ゴミになる物の拒絶)と分類されます。

「サーマルリサイクル」とは、廃棄物を燃料として活用する利用法です。それに対して、「マテリアルリサイクル」とは、廃棄物を元と同じ材料にして、別の製品を作る再利用法のことです。「リサイクル家具」は、不要になった家具などを修理し、「リサイクル家具」として販売されます。新品で高級なものよりも、ブランド品などの高級なものを安く手に入れられると、買い手にも利点が多いと言えます。

廃棄家具の「サーマルリサイクル」としては、紙の原料や再度、家具や建材等の原料として利用されます。さらに近年注目される石油代替のバイオマス燃料や、ガーデニングや緑化資材として利用されるなど、考えられています。段ボール家具も「サーマルリサイクル」のひとつで、確実に古紙として再会できる家具の一つです。

サントリーでは、樹齢100年を超えるオークの木から作られるウイスキーの樽で、椅子・ベンチ・ソファ・座卓などを造り、その風合は多くの人に愛され、認められました。「樽ものがたり」ブランドの誕生も、「リサイクル」と言えます。
posted by インテリア・家具マニア at 00:27 | 家具
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。