アジアン雑貨で装うインテリア インテリア・家具入門

アジアン雑貨で装うインテリア

インテリアで南国の雰囲気をイメージするならば、バリ、タイ、インドネシア・・・など、アジア系の雑貨や家具での装いでまとめるのではないでしょうか。

アジアン雑貨・装飾品の中でも一番人気があるのは、竹でできたバンブーランプです。組み合わせた竹の隙間から柔らかい明かりがこぼれ、癒しとエスニックな空間を楽しむことができます。また、竹・籐素材を使った籠や小物入れはアジアン雑貨の定番です。古木のベンチは、自然だけでなく、原始的な椅子本来の形や動物を表現しており、「家具」というより「作品」とも呼べるものも多く存在します。ゴツゴツとした作りですが、それでいて大自然の温もりを感じるアジアン雑貨のひとつです。

アジアン雑貨とは基本的に、東南アジアその土地に古くから伝わる伝統工芸・手工芸によるものです。ジャワ更紗(さらさ)と言われている「バティック」はインドネシア伝統のろうけつ染の生地で、主に壁掛けやクロス、カバーなどに使用されています。マッドミー(女王様のシルク)と呼ばれるオールドタイシルクは、クッションカバーなどインテリア雑貨だけでなく、ブラウスとしても人気を呼んでいます。四千年もの歴史を育むラオスの織り物も、壁掛けやクッションカバーなどに使用されています。

アジアン雑貨は、こうしてアジアの布一枚あしらうだけで独特のアロマが部屋全体を包んでくれます。アジアで生まれる様々なものに囲まれ歴史を感じてみれば、十分「アジアン」を満喫できると思います。アジアン雑貨をぜひ暮らしの一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。

空気の流れや人に触れられることでゆっくりと光源を揺らします:grass (ホワイト)
posted by インテリア・家具マニア at 16:29 | インテリア
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。